あごのにきび!原因と治療法

あごのにきび!原因と治療法

スポンサードリンク

.

あごのにきびの原因

大人にきびの大半を占めるといっても過言ではないあごのにきび。あごのにきびはあごやフェイスラインに集中的に発生し、重症なにきびになることも多く、一度治ったと思っても繰り返し発生します。適切な治療法を見つけて治療しないとあごのにきびは跡が残りやすいといわれています。このようなあごのにきびに悩んでいる人も少なくありません。あごのにきびの原因は何でしょうか?原因の一つに、女性はあごの毛穴があまり発達していないので、皮脂の分泌が過剰になると毛穴が詰まりやすいということがいわれています。また、ストレスなどでホルモンの分泌のバランスが崩れ、黄体ホルモンの分泌が促されるということもあごのにきびの原因といわれています。


ページのトップへ ▲

あごのにきびはホルモンバランスの乱れが原因

ホルモンバランスの乱れがあごのにきびの原因の一つです。生理前に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)。この黄体ホルモンが原因で皮脂の分泌が増え、あごのにきびができたり、しみができやすくなったりします。黄体ホルモンが原因のあごのにきびの治療法はどのような方法があるでしょうか?黄体ホルモンは不規則な生活やストレスが原因で強く影響するといわれています。バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてストレスを発散させる生活を心がけることが治療法です。また、お肌が敏感になっている時期でもあります。お肌に刺激の少ない化粧品を使い、積極的なケアをせず、お肌に負担をかけないことも治療法の一つです。


ページのトップへ ▲

あごのにきびの治療法で大切なこと

あごのにきびの治療法として大切なのは早期に治療をするということです。あごは手に触れやすい部分ですから、知らず知らずのうちに触ったり、つぶしてしまったりしてそれがにきび跡になることもあります。あごのにきびの治療法は、正しい洗顔、十分な睡眠、規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスを整えること。また、にきびだけでなくお肌にといって悪い影響を及ぼす紫外線対策をしっかりとることも忘れてはいけない治療法です。症状がひどい場合は医療機関に行って、ケミカルピーリングや光治療、イオン導入などの専門的な治療法をしお勧めします。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク