にきび跡の治療法をおしえて!

にきび跡の治療法をおしえて!

スポンサードリンク

.

陥没したにきび跡の治療法をおしえて!

にきびは治ったものの、にきび跡ができて悩んでいる人は多いもの。にきび跡の治療法をおしえて、という声は多くあります。赤みが残る程度のにきび跡や色素沈着してしまったにきび跡なら、ピーリングやイオン導入などのケアで改善されることもあるとされてきましたが、特にお肌が凸凹になってしまったにきび跡に対して治療法はないとまでいわれてきました。お肌が凸凹になってしまったにきび跡というのは、毛穴まで破壊されてしまった状態で、お肌自体の再生力も失われてしまうのです。こういったにきび跡の治療法としては、専門医によるピーリングやレーザー治療などがあります。その他、にきび治療の専門病院などで治療法をおしえてもらうのもいいでしょう。


ページのトップへ ▲

にきび跡の治療法:レーザー治療についておしえて!

にきび跡の治療法の一つであるレーザー治療についておしえて、という声にお答えしましょう。一度破壊されてしまった皮膚組織を再生することは簡単ではありません。しかし、にきび跡の治療法のレーザー治療では、若返り用のレーザーを用いての治療法で、かなりの改善効果が得られるようになってきたようです。ロングパルス・ダイオードレーザーを使用したにきび跡の治療法は、皮膚の表面を改善しながら、真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促しにきび跡を改善していきます。他のにきび跡への効果についてもおしえて、という問いにお答えすると、赤みが残る程度のにきび跡や色素沈着してしまったにきび跡には、皮膚の新陳代謝を促すことで炎症を取り除く効果があります。


ページのトップへ ▲

炎症性色素沈着についておしえて!

にきび跡などの炎症性色素沈着にはピーリングが効くといわれる治療法です。炎症性色素沈着というものについておしえて、という声に答えると、にきび跡や傷の跡や、毛抜きで抜いた後、毛穴が黒くなってできた跡などを炎症性色素沈着といいます。これは時間が経てば自然と消えていきますが、日焼けなどをすると消えなくなることもあるので注意しましょう。このような炎症性色素沈着といわれるにきび跡などのしみにはピーリングが効果的な治療法です。ピーリングはできたメラニン色素の排出を促すもの。メラニン色素はターンオーバーのサイクルで捨てられていきますが、ピーリングはターンオーバーを速める効果があるので、美白作用としての治療法になります。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク