にきび跡のケアの方法

にきび跡のケアの方法

スポンサードリンク

.

にきび跡のケアの方法:ピーリング石鹸

にきび跡のケアの方法の一つに家でできるピーリングがあります。ピーリングはにきびができないように毛穴を詰まらせないという効果もありますが、お肌のターンオーバーを高め、新陳代謝をよくするので、にきび跡のケアの方法としても適したケアの方法です。医療機関で行うピーリングは皆さんよくご存知かと思いますが、ピーリングは家でもできるのです。今は、AHAといわれるグリコール酸、フルーツ酸、乳酸などの薬剤が配合された化粧水やパック、美容液などさまざまありますが、1番手軽でお肌に優しい石鹸タイプのものがお勧めです。化粧水やパックなどは放置する時間やふき取り方によっては、お肌に負担をかけることもありますので、洗い流す石鹸がお肌への刺激が少ないでしょう。お肌の強い人は毎日使用しても大丈夫ですが、お肌の弱い人は週1〜2回にしましょう。


ページのトップへ ▲

にきび跡のケアの方法:イオン導入器

にきび跡のケアの方法としてビタミンCをお肌に取り入れることが大切です。よくケミカルピーリングとイオン導入を一緒に行うと効果的といわれますが、イオン導入器は化粧品に配合されたビタミンCの吸収力をアップさせる効果があります。イオン導入でにきび跡のケアもできますが、その他、美白効果、にきびの炎症を抑える効果、コラーゲンを増やしてしわを改善する効果などがあります。このイオン導入器は、家庭用のものがさまざま市販されています。フェイスマスクタイプの「イオン活性フェイスマスク」、自宅でサロンのようなお手入れができる「イオンヴィタル イオン導入器」や「ラメンテ イオンシューテカル」などのイオン導入器があります。にきび跡のケアの方法として、手軽にできるイオン導入器。試してみてはいかがでしょうか。


ページのトップへ ▲

にきび跡のケアの方法:SPFについて知る

にきび跡のケアの方法として欠かせないのが紫外線対策です。日焼けをするとにきび跡が消えなくなることもあるのです。さまざまある日焼け止めにはSAPという表示があります。このSPF値とは、紫外線B波(UVB)をカットする力を示しています。何も塗っていない状態と比較し、サンバーンが始まる時間を何倍に延ばすことができるか、という目安になります。通常、サンバーンを起こすのにかかる時間は20分程度とされています。日常、日焼け止めを使用するならSPF20程度のものを使用するといいと言われています。SPFが高ければその分安心ではありますが、お肌への負担も大きくなることを忘れずに。にきび跡のケアの方法として日焼け止め化粧品についてもよく知ることが大切です。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク