にきびの原因

にきびの原因

.

にきびの原因にもいろいろある

にきびの発症部位

にきびの原因は主に毛穴の詰まりと皮脂の過剰分泌が直接的要素となっていますが、にきびの種類(白にきび・黒にきび・赤にきび)や発症部位(額、鼻、あご、フェイスライン、首筋、胸、背中など)によって少し違うようです。あなたのにきびの症状をよく観察し、原因をしっかり認識したうえで治療する事をおすすめします。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

白にきびの原因

白にきびとは、にきびの初期症状にあたり、毛穴の詰まりによって毛穴内部に皮脂が溜まったために皮膚表面に白く盛り上がった状態になるものを指します。このように毛穴の入口が塞がれ皮脂がたまる状態をコメド(面皰)と言います。


白にきびは、毛穴が閉じてしまう事が直接的原因です。毛穴が閉じないようにするには、日常の洗顔を適切に行うかピーリング剤、ピーリング石鹸等により常に肌を清潔にそして新鮮な状態にする必要があります。それによってターンオーバーが正常化し古い角質が残ることなく毛穴の入口が塞がれる可能性が低くなくからです。皮脂が適切に排出される仕組みを取り戻せば自然に白にきびは治ります。


ページのトップへ ▲

黒にきびの原因

黒にきびとは、白にきびのように毛穴内に溜まった皮脂(にきび)が毛穴の外に押し上げられ、毛穴が開き、入口のところで酸化し黒ずんでいる状態のものを指します。白にきびと同様、にきびの初期段階に位置しますが、白にきびよりは皮脂量も増え、物理的に肌(皮膚)を抑圧しており、この頃から少し毛穴とその周辺の炎症も始まっていますので注意が必要です。


黒にきびも、過剰な皮脂分泌と肌ターンオーバーの乱れによる毛穴の詰まりが原因ですので、皮脂を抑制し、日常の洗顔と肌の代謝力アップを図ることが重要です。


ページのトップへ ▲

赤にきびの原因

赤にきびとは、比較的軽症の白にきびや黒にきびを放置し毛穴内に炎症し赤くなったにきびを指します。黒にきびの状態から徐々に炎症が広がるのですが、溜まった皮脂を栄養にするアクネ菌の増殖によりさらに炎症が広がります。この段階まで悪化したにきびは、洗顔や食事コントロール等では短期に直りにくく、毎日のストレスにより益々悪化させる可能性も高くなります。


赤にきびが更に悪化すると毛穴内に膿をもつ化膿にきびとなりにきび跡やにきび痕に直結します。にきび跡やにきび痕になると肌の自然再生は不可能に近いため、いかに赤にきびにさせないかという視点でにきびケアを行わなければなりません。


ページのトップへ ▲

化膿にきびの原因

化膿にきびとは、専門的には硬結性座瘡のことで、既に重症の赤にきびが更に悪化した状態のにきびを指します。皮脂を栄養に増殖するアクネ菌の影響で炎症した毛穴内部が耐え切れなくなり化膿するのです。この段階では毛穴周辺の組織が真皮層まで破壊されており、痛く痒い症状も現れます。


化膿にきびの重症段階となるとたとえ治ったとしても、にきび跡やにきび痕になる可能性が非常に高いため、本来のハリのあるすべすべした美しい肌を自然再生させることが非常に難しくなります。なるべく白にきびや黒にきびなどの初期症状で治療することが重要となります。


ページのトップへ ▲

背中にきびの原因

背中にきびの原因は、皮脂の過剰分泌と肌ターンオーバーの乱れによる毛穴の詰まりです。その他、洗髪時のシャンプー等の洗剤の残存成分が影響していることが背中にきびの特徴とも言えるでしょう。背中にきびを放置するとにきび範囲が拡大するため悩む方も多いのですが、シャンプーを交換したり、入浴時の洗浄順を変更しただけで背中にきびが治ったなんて話は目面しくありません。


背中にきびは、皮脂抑制に効果の在る食生活を心がけ、にきびの出来やすい背中中央部分をいつも清潔に保てるようにすることで随分症状は軽くなります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

胸にきびの原因

胸もにきびの原因となる皮脂の分泌量がもともと多い場所ですので注意が必要です。胸にきびは、過剰な皮脂分泌のほか、肌のターンオーバーの乱れによる毛穴の詰まりが原因とされるほか、汗などによる汚れ、細菌などが毛穴刺激することにもあります。胸も顔と同様観察しやすい場所ですし、比較的衛生な環境を維持できる場所ですので日頃からにきび予防を心がけましょう。


ページのトップへ ▲

あごにきびの原因

顎(あご)にできるにきびは、一般的に大人にきびと言われます。大人にきびは、社会のストレスとホルモンバランスの崩れが主な原因とされ、その他紫外線等による外的刺激なども原因とされます。よって顎(あご)は、適切なストレスコントロールとホルモンバランスの正常化により改善されますので、食事と生活リズムの改善により皮脂分泌を正常化させ、毛穴を塞がない適切な洗顔と肌(皮膚)の角化を予防する紫外線対策にも気を配るようにしましょう。


ページのトップへ ▲

首にきびの原因

首にできるにきびも、一般的に大人にきびと言われます。大人にきびは、社会のストレスとホルモンバランスの崩れが主な原因とされ、その他紫外線等による外的刺激なども原因とされます。よって首にきびも、適切なストレスコントロールとホルモンバランスの正常化により改善されますので、食事と生活リズムの改善により皮脂分泌を正常化させ、毛穴を塞がない適切な洗浄と肌(皮膚)の角化を予防する紫外線対策にも気を配るようにしましょう。


ページのトップへ ▲

おでこ(額)にきびの原因

おでこ(額)にできるにきびは、10代の思春期に多いと言えます。思春期には成長ホルモンの影響で一時的にホルモンバランスが崩れた事による過剰な皮脂分泌が原因とされます。思春期だからとか青春のシンボルだからとか言って軽視すると症状が悪化し取り返しのつかないにきび跡(痕)になってしまいますので注意してください。通常のにきび同様、過剰な皮脂は脂取り紙で適度に拭き取り、毎日の正しい洗顔でいつも清潔で新鮮な皮膚を保てるよう心がけましょう。洗顔のし過ぎによる皮脂のとり過ぎは必要な皮脂まで除去してしまう危険性もあります。そうなると返って皮脂分泌を促進させてしまうことにもなりますので注意が必要です。


ページのトップへ ▲

頬(ほお)にきびの原因

頬(ほお)にできるにきびも、皮脂の過剰分泌と肌ターンオーバーの乱れによる毛穴の詰まりが原因です。また、頬(ほお)は特に紫外線等の外的刺激を受けやすい場所でもありますから肌(皮膚)の角化が起こらないように対策しなければなりません。場所的に対策しやすいので日常の洗顔はじめ、紫外線対策も心がけるようにしましょう。


ページのトップへ ▲

鼻にきびの原因

鼻にできるにきびも、頬(ほお)にきび同様、皮脂の過剰分泌と肌ターンオーバーの乱れによる毛穴の詰まりが原因です。そして、鼻も特に紫外線等の外的刺激を受けやすい場所でもありますから肌(皮膚)の角化が起こらないように対策しなければなりません。同じく場所的に対策しやすいので日常の洗顔はじめ、紫外線対策も心がけるようにしましょう。


ページのトップへ ▲

思春期にきびの原因

思春期にきびとは、以上で触れたおでこ(額)や鼻などもともと皮脂分泌の多いTゾーンで起こるにきびで、10代の思春期に成長ホルモンの影響で一時的にホルモンバランスが崩れる事が原因とされます。思春期にきびを「青春のシンボル」などと軽視して特別なにきび対策をしないまま赤にきびや化膿にきび、にきび跡(痕)を多発してしまうケースは耐えません。思春期にきびだろうと立派な皮膚疾患ですので適切な治療が望まれます。


ページのトップへ ▲

大人にきびの原因

大人にきびとは、以上でも触れました顎(あご)や首などのフェイスラインに多く発症するにきびで、10代の思春期にできる思春期にきびに対し20代以降の就職した社会人などに多く見られるため大人にきびと呼ばれるようになりました。大人にきびは、社会から受けるストレスとホルモンバランスの崩れが主な原因とされています。社会にうまく順応するストレスコントロールと食生活改善、生活習慣改善による免疫力の向上とホルモンバランスの正常化により過剰な皮脂分泌を抑制する対策が必要となります。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク