にきびの原因を知りたい!

にきびの原因を知りたい!

スポンサードリンク

.

思春期のにきびの原因を知りたい!

10代であっても、大人になってもにきびで悩む人は少なくありません。どうしてにきびはできるのか、にきびの原因を知りたいと思う人は多いはず。にきびの原因は皮膚の毛穴のアクネ桿菌という菌がにきびの原因です。人間の体は余分は脂肪を毛穴から出そうとするのですが、毛穴が汚れや古い角質などで毛穴が詰まってしまうと、アクネ桿菌が詰まった皮脂などを栄養に炎症を起こします。これがにきびの原因です。10代の頃はなぜにきびができるのか知りたいと思う人も多いでしょう。にきびの原因は過剰皮脂の分泌ですが、思春期には成長ホルモンの影響で過剰に皮脂が分泌されます。10代の頃ににきびができやすいのはそのためです。皮脂の分泌が落ち着いてくれば自然ににきびも落ち着いてきます。


ページのトップへ ▲

大人にきびの原因を知りたい!

最近、20歳を過ぎてからできる大人にきびというものが増えてきています。にきびは若い頃にできるものだと思っている人もいるでしょう。しかしにきびは大人にもできるのです。大人にきびは10代でできるにきびとは違った特徴があります。大人にきびは口の周りやあごの部分にできやすく、治りにくく、跡が残りやすいのです。そのおとなにきびの原因を知りたいですね。大人にきびの原因は医学的にはよく分かっていないとされていますが、睡眠不足、ストレス不規則な生活などが積み重なってできることが多いようです。また、10代の頃にはできなかった乾燥肌の人にもできるのが大人にきびです。必ずしもオイリー肌の人ができるわけではありません。


ページのトップへ ▲

男性ホルモンとにきびの関係を知りたい!

にきびは男性ホルモンが多いとできる、とよく言われます。本当に男性ホルモンがにきびの原因になるのでしょうか?その真相を知りたいと思う人も多いでしょう。実際、男性ホルモンが多くなくてもにきびはできますし、男性だからといってみんなにきびができているわけではありませんね。にきびの原因は複雑です。なぜ男性ホルモンが多いとにきびができるといわれるのか、知りたいですね。男性ホルモンがにきびの原因といわれる理由の一つに男性ホルモンの皮脂腺における機能が関係しているということがあります。男性ホルモンの量が多いからにきびになるのではなく、皮脂腺の感受性のエネルギーの値が低下することがにきびの原因につながるのです。男性ホルモンを減らすとにきびが治るわけではなく、あくまでもホルモンのバランスの問題がにきびの原因になるのです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク