皮膚科でにきび治療

皮膚科でにきび治療

スポンサードリンク

.

皮膚科のにきび治療

皮膚科でにきび治療

にきび治療には、抗生物質を服用する内服治療、外用薬を塗布する外用薬治療、悪化が著しい際の手術治療のほか、レーザー治療やフォトフェイシャル等の光治療、物理的ににきび跡(にきび痕)を目立たなくさせるコラーゲン注入やヒアルロン酸注射などがあります。


皮膚科で行う治療は、これらにきび治療をにきびの症状に合わせ総合的に組み合わせた方法が望ましいと言えます。治療法に合わせたにきび治療を行うのではなく、にきびの症状に適合したにきび治療とそれを実現する皮膚科を選択する必要があります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

にきびの内服治療

にきびの内服治療とは、主に抗生物質等のにきび治療薬を服用する治療を言います。抗生物質は、テトラサイクリン系のミノマイシンなどを使用し、にきびの原因であるアクネ菌を殺菌し、アクネ菌をつくるリパーゼ(皮脂を分解して赤い炎症を起こす脂肪酸)をつくる作用を抑制させる効果があります。また、ひどく悪化し赤く化膿した患部を沈静化する役目も果たします。


内服治療ではありませんが、漢方もにきび治療に効果的ですし、食生活の改善がなによりも重要である事を再認識する必要があります。特に皮脂の分泌を抑制するビタミンB2、B6、ビタミンCを多く摂取すると良いでしょう。


ページのトップへ ▲

にきびの外用薬治療

にきびの外用薬には、抗生物質のダラシンTゲルとアクアチムローションなどがあります。外用薬ですからクリーム・ローション状の薬剤を直接患部に塗布していき、外側からにきびの元となるアクネ菌を殺菌し炎症等を鎮めます。もちろん内側からのにきび対策も行うことがとても重要であることは言うまでもありません。


ページのトップへ ▲

にきびの手術治療

にきびの手術治療は、にきびの症状が著しく悪化し、通常の内服治療や外用薬治療等では治療が困難なケースに採用されます。


にきびの瘢痕が根深い場合は、レーザー治療でも困難なためにきびの瘢痕を一つ一つ切除する手術を行うことになります。施術語の回復と肌の状況は見違えるほど良くなりますが、出来ればこのレベルに至る前に対策をし、初期段階でにきび治療を行うように心がけたいところです。


ページのトップへ ▲

にきびのレーザー治療

レーザー治療とは、波長の様々なレーザー光線を治療したいにきび目掛けて照射することによりにきびの生成を促進するアクネ菌を殺菌するピンポイント治療です。


レーザー治療はにきびの炎症を鎮めるのに効果的ですし、瘢痕化しているにきびでも比較的柔らかいものであれば炭酸ガスレーザーで皮膚を平らにしにきびをめだたなくさせる事が出来ます。


最近ではレーザー光のエネルギーよりも弱く、ケミカルピーリングよりも短期間で出来る医療レーザー治療が人気です。医療レーザー治療は、もちろんアクネ菌の殺菌効果もあり、正常な細胞は無視しつつ、しみやクスミ、アザなどの色素に直接作用する高性能光治療で、実は敏感肌の方も治療でき、副作用がないという非常に安全なレーザー治療なのです。


ページのトップへ ▲

レーザー治療の流れ

▼レーザー治療の流れ(手順)


1.事前カウンセリング
施術当日の肌の調子や患部の状況を見てレーザー治療に耐えうるかどうかを判断します。女性の場合は事前にクレンジングでお化粧を落としておきましょう。


2.ジェル塗布・テスト照射
レーザーの波長、強さ、治療回数、治療間隔、外用薬併用の有無等を確認しテスト照射を行います。照射前にはレーザーの浸透力を高めるために専用のジェルを塗布します。


3.レーザー光の照射
レーザーの照射によりにきびの原因であるアクネ菌を殺菌します。照射時は目を痛めないようにアイマスクをします。1回の施術所要時間は20〜30分です。


4.施術終了
治療終了後、ジェルを綺麗に拭き取り、クーリングします。お化粧して帰宅できますので手軽に受けられます。


ページのトップへ ▲

レーザー治療の効果

レーザー治療によりにきびの原因であるアクネ菌が殺菌され毛穴の詰まりを解消します。レーザー治療にはにきび治療だけでなく、皮膚のメラニン色素にも作用しますので、シミやくすみ、アザなどを目立たなくし美肌、美白効果もあり、真皮のコラーゲンにも直接働きかけるので肌にハリや艶を取り戻しシワの解消、アンチエイジング(老化防止)効果も引き出すのがメリットです。


レーザー治療直後は、部分的にかさぶたが出来たり、赤く腫れたりする場合がありますが、一時的なものですので気にする必要はありません。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク