にきびの基礎知識

にきびの基礎知識

スポンサードリンク

.

にきびとは

にきびとは、過剰な皮脂分泌が原因で毛穴が詰まる事による炎症のことを指します。具体的には、患部が赤く腫れたり、細菌感染して膿んでしまいます。10代ににきびが出来やすいことから「青春のシンボル」のような言われ方をしますが、にきびは立派な「皮膚の病気」ですので、軽く考えないようにしてください。ちなみににきびは医学用語で尋常性座瘡と言います。


10代の若者のにきび発症率が高いのは、時期的に皮脂が多く分泌されるからなのです。ですからオイリー肌(脂性肌)の人は例えば40歳になってもにきびに悩まされます。また、にきびは初期治療が成功すれば良いのですが、悪化し炎症したりするとにきび跡となって残ってしまいます。一度にきび跡になると自然とはもとの肌にはもどりませんので注意しなければなりません。特に若い時期、にきびは仕方ないなどと諦めるのではなく、正しいにきびケアで治療するよう心がけましょう。

にきびの初期症状

ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

にきびの種類

にきびには、白にきび、黒にきび、赤にきびがあります。白にきびは、毛穴の詰まりから炎症したにきびが表皮に覆われ白く見えるにきびを言います。この表皮に覆われたにきびの状態を専門用語ではコメド(面皰)と言います。黒にきびとは毛穴が開いたままの状態で毛穴につまったにきびの表面が酸化し黒く見えるにきびです。


この白にきびと黒にきびを治療せずに放置したりいじったりすることで炎症を起こすと赤みを帯びた赤にきびとなり非常に深刻な症状となります。赤にきびは専門的には丘疹と言われ、赤にきびがさらにひどくなると火傷跡のようなケロイド状態になりますのでこの赤にきびになる前に治療しなければなりません。

にきびの種類

ページのトップへ ▲

にきびはどこに出来るの?

にきびは顔だけに出来るものではありません。多い症例としては、顔のほか、胸、背中に認められています。にきびの元となるアクネ桿菌が顔や胸、背中に常在菌としてもとから多く存在するからなのです。最近では特に処置しにくい背中のにきびに悩む人が増えています。


場所は違ってもにきびの原因やメカニズムは同じですのでなるべく皮脂分泌を抑える体質改善と清潔な皮膚環境をつくり毎日の正しい洗顔を心がけることが必要になります。


ページのトップへ ▲

にきびの原因

にきびの大きな原因は、過剰な皮脂の分泌による毛穴の詰まりです。毛穴の詰まりを放置するとにきびの元となるアクネ菌(アクネ桿菌)が詰まった毛穴内で皮脂と結びつき増殖していきます。洗顔が不十分なことによる皮脂汚れ、化粧落としが不十分なことによる皮脂や垢が毛穴の詰まりを後押しするのです。


また、にきびの出来はじめに気になるからと言って触りすぎるのも良くありません。触りすぎるとにきびと肌の常在菌に感染し悪化、炎症を誘発する事があるからです。


にきび予防は、にきびが出来にくい体質改善とにきび跡を残さない初期治療が重要となります。


ページのトップへ ▲

アクネ菌(アクネ桿菌)とは

アクネ菌(アクネ桿菌)とは、とりわけ赤にきびの元となる細菌です。アクネ菌は、嫌気性(空気に触れる事を嫌う性質)と好脂性(脂のある環境を好む)の両方を備えています。つまり毛穴が詰まった事による空気の入ってこない閉鎖的な空間と脂まみれの環境(コメド(面皰))はこのアクネ菌の格好の環境なのです。


アクネ菌は毛穴に詰まった皮脂を栄養とし増殖します。これがいわゆる赤にきびなのです。出来るだけアクネ菌が増殖する前に、コメド(面皰)レベルの白にきびや黒にきびの初期症状で治療してしまいましょう。


ページのトップへ ▲

にきびが出来るまで

にきびは、過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まりが原因です。皮脂により毛穴が詰まりだすと毛穴の角化がはじまり、皮脂や垢と結びついてにきびの元となるアクネ菌(アクネ桿菌)が増殖しはじめるのです。アクネ菌増殖の結果がにきびですが、毛穴・にきびが表皮に覆われ白くみえるにきびが「白にきび」、毛穴が開いた状態でにきびが酸化し黒く見えるにきびが「黒にきび」と言われます。にきびを放置するとさらに悪化し赤く炎症した「赤にきび」となり、赤みが気になるからと言ってさわったりつぶしたりすると、火傷あとのようなケロイド状態になったり、夏みかんの皮のようなクレーター状態になったりするのでにきびやその周辺の組織を傷つけることだけはお止めください。


1.皮脂の詰まり(毛穴の角化)

2.アクネ菌の増殖

3.放置による炎症(赤にきび)

4.組織崩壊によるケロイドやクレーター


ページのトップへ ▲

にきび跡とは

にきび跡とは、にきびの炎症等により真皮や皮下組織にあるコラーゲン等が破壊された事により再生機能を失った皮膚を指します。このにきび跡が集合体になるとクレーターと呼ばれまるでみかんの皮のような凸凹が肌を多い多くの方を悩ませるのです。


にきび跡はにきび炎症による皮下組織破壊の結果ですから自然とは元も瑞々しい肌へは再生しません。10代の頃軽く考えてにきびを潰したり、傷つけたりすると取り返しのつかない事になりますので注意しなければなりません。ちなみににきび跡はにきび痕と言ったりもします。


ページのトップへ ▲

にきび痕とは

にきび痕とは、にきびの炎症等により真皮や皮下組織にあるコラーゲン等が破壊された事により再生機能を失った皮膚を指します。にきび跡と同じです。このにきび痕が集合体になるとクレーターと呼ばれまるでみかんの皮のような凸凹が肌を多い多くの方を悩ませるのです。


にきび痕もにきび炎症による皮下組織破壊の結果ですから自然とは元も瑞々しい肌へは再生しません。にきびを軽く考えて潰したり、傷つけたりすると取り返しのつかない事になりますので注意しなければなりません。


ページのトップへ ▲

にきび予防の方法

にきびは、にきびの原因を知ることで予防が可能です。にきびは皮脂の過剰分泌が原因でしたから、まず脂性肌(オイリー肌)の体質を改善する努力をしなければならないでしょう。


そしてにきびの直接的原因は皮脂が毛穴内に詰まる事にありますので、毎日の洗顔に充分気をつけ確実に皮脂を落とすよう心がけましょう。もちろん女性は毎日のお化粧落とし(クレンジング)がポイントです。お化粧や汚れがきちんと落ちていないとそれが詰まりの原因となります。加えて必要以上に肌に触らない事です。気になるからと言って肌や毛穴付近を触るとそこにある常在菌が毛穴に感染することもあります。注意が必要ですね。


ページのトップへ ▲

にきびの治療方法

にきびの治療はにきび症状の進行状況に合わせ総合的に行う必要があるでしょう。初期症状のにきび対策と白にきび・黒にきびが出来てからの治療とでは違いますし、アクネ菌が増殖し赤にきびになりにきびが炎症してからの治療ももちろん違います。


にきび対策薬という名で多くの薬が市販されていますが、なかにはにきびを悪化させる恐れのものもありますので成分を十分に確認する必要があります。


またにきびを治療するに当たりケミカルピーリングやフォトフェイシャルなどの高度医療が注目されています。しかしこれらもまだ完全なものではありませんので頼りすぎは禁物です。にきび治療に欠かせない要素。それは、脂性肌(オイリー肌)の解消、角栓の除去、皮脂や汚れの除去、アクネ菌対策になります。※他のページでは具体的な治療法を解説しています。

ページのトップへ ▲


スポンサードリンク