にきび痕の赤みは消すことができる?

にきび痕の赤みは消すことができる?

スポンサードリンク

.

にきび痕の赤みを消すことのできる方法

にきびが悪化して炎症を起こすとにきび痕の赤みを残すことがあります。ふくらんでいたにきびが平らになり、治ったと思っても赤みだけがいつまでも残っている場合があります。このにきび痕の赤みは消すことができるのでしょうか?にきび痕の赤みができる原因の一つには、メラニンがあります。このメラニンの生成を抑えることでにきび痕の赤みを消すことができます。また、お肌のターンオーバーが正常ではなく、時間がかかってしまうと、にきび痕の赤みは消えにくくなります。さらに日焼けをすると、にきび痕の赤みを消すことができなくなる場合もあります。このメラニンの生成を抑え、にきび痕の赤みを消す方法としては、ビタミンC誘導体の化粧品やイオン導入が有効です。


ページのトップへ ▲

にきび痕の赤みを消すビタミンC誘導体

にきびの赤みを消すことができるといわれているビタミンC誘導体。ビタミンCとは違うのでしょうか?ビタミンC誘導体はビタミンCのお肌への浸透を高めたビタミンCのこと。コラーゲンを合成させるのに効果的な働きをします。美白効果も高いビタミンC誘導体はにきび痕の赤みを消す成分として効果の高いものです。また、皮脂の分泌をコントロールする働きがあるため、にきびに効果のある化粧品などにも使われています。リン酸型ビタミンCの他に今、話題になっているのが、リン酸パルミチン酸型ビタミンCです。これはリン酸型よりも浸透がよいといわれています。また、コラーゲンの合成を高め、にきび治療にも有効なナイアシンは、しげきが少なくお肌の弱い人にも安心な成分です。これらの成分が配合されや化粧品で赤みを消すことができる、と言い切れないまでも、改善されていきます。


ページのトップへ ▲

にきび痕の赤みを消すことのできるレーザー

にきび痕の赤みを消すことができるといわれている方法に、レーザー治療があります。特に赤あざや赤ら顔の治療に使用するレーザーを用いて治療すると、にきび痕の赤みを消すことができるのです。このレーザーは、長いパルスでレーザー光を出力することができるレーザーで、深い層にある部分までしっかりとエネルギーが届くという特徴があります。また、周りの組織への影響を考慮し、冷却と鎮痛作用のある機能がついているので、皮膚への他の部分へのダメージが少なくなっています。こういった治療はその人の肌質や、にきび痕の赤みの程度にもよりますので、医療機関において相談してみましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク