胸のにきび

胸のにきび

スポンサードリンク

.

胸のにきびとは

胸のにきびは、背中のにきび同様多くの方が悩んでいます。胸は、体の中でも背中同様、もともと皮脂の分泌が多い場所なので、毛穴が詰まりやすく汚れとも混合しやすいのでコマメなにきび対策が必要になります。また、汗をかきすぎた時、そのままにしておくとばい菌が繁殖しにきびを増殖させることにもなります。清潔さを保つことが胸にきびの改善の第一歩です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

胸にきびの原因

胸にきびの原因

胸のにきびは、胸中央部の毛穴の詰まりと過剰な皮脂分泌が原因です。ここまでは通常のにきびの原因となんら変わりないのですが、胸にきびの場合は、洗髪時のシャンプーなどの洗剤の洗い残しも大きく影響しているようです。背中にきびも同じですが、残ったままの洗剤には細菌が含まれておりそれが毛穴内に侵入することでにきびを誘発します。


毛穴の詰まりは、肌ターンオーバーの乱れから剥がれ落ちずに残っている古い角質が毛穴内に落ち皮脂と絡み合うことで起こります。また過剰な皮脂は、栄養バランスの偏った食事、糖分や脂分の多い食品を摂取することで促進されますし、睡眠不足など不規則な生活習慣によってもホルモンバランスが乱れることでも促進されます。常に清潔で代謝力のある肌(皮膚)を維持することが胸にきびを改善するポイントです。


ページのトップへ ▲

胸にきびの治療法(基本)

胸にきびは、毛穴を詰まらせない事、過剰な皮脂分泌を抑制すること、洗髪時の洗剤を残さずに清潔に保つことが治療のポイントです。


毛穴を詰まらせないようにするためには、肌の代謝力を高め古い角質を残さないようにしましょう。その為には毎日の洗浄が重要です。正しい洗浄法で必要な皮脂を残しつつ古い角質を削ぎ落としていきましょう。石鹸で充分ですが、天然成分配合のものを使用することが望ましいです。今では良いピーリング石鹸が市販されていますのでお試しください。


さらに過剰な皮脂分泌を抑える必要があります。皮脂は男性ホルモンの分泌と強く関係していますが、ホルモンの分泌自体を操作することは難しいと言えるでしょう。しかし規則正しく生活することでホルモンバランスは落ち着きます。睡眠を充分にとりホルモンの分泌を整えましょう。また、脂分や糖分を多く含む食品を摂取することでも皮脂の分泌量は増えます。食生活の改善をあわせて行う事をおすすめします。


ページのトップへ ▲

胸にきびの専門治療

胸にきびは、背中のにきびと違い観察しやすい場所ですので、予防さえしっかりしておく事でかなりの分で対策が可能です。しかし、遺伝や体質の関係でにきびが悪化しやすい方もいますので、白にきびや黒にきびと言ったにきびの初期段階で適切な治療を行う事がとても大切になります。


短期でにきびを治療したい場合は、皮膚科等で受けられる光治療が効果的です。皮膚科等で受けられるものには、ケミカルピーリング治療、イオン導入治療、レーザーフェイシャル治療、IPL治療、フォトRF治療、圧出治療などがあります。どれも肌のターンオーバーを正常化し、皮脂分泌を抑制するため、にきび治療に有効なのです。


これら光治療等のほかにも内服治療や外用薬治療がありますので皮膚科で受診し最も肌に負担の少ない治療を選択すべきです。にきびがひどく悪化して、どの治療法も馴染まない場合は手術治療を選ばなければならないでしょう。こうなる前の予防と対策が特に重要なのです。


ページのトップへ ▲

胸にきびの予防と対策

胸にきびは背中と違い観察しやすい場所ですので予防しやすいと言えます。汗をかきやすく細菌等で汚れやすいために、皮脂と混合する事でにきびが出来やすい傾向にあります。


胸のにきびを予防するには、綿100%の下着やシャツを着用し、汗をかいたらマメに着替え汚れや細菌が胸の中央部に滞留しにくい環境をつくる必要があります。特に注意すべきは洗髪時に使用するシャンプー等の洗い残しです。洗い残しの洗剤の中には細菌が含まれておりその菌が毛穴を詰まらせるのです。もちろん、適度なストレスコントロールでホルモンバランスを整え、脂分や糖分等の摂取を抑え皮脂の分泌を抑制する工夫も必要です。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク