にきび(にきび跡)の治し方は簡単?

にきび(にきび跡)の治し方は簡単?

スポンサードリンク

.

にきびの簡単な治し方は肌質による?

にきびやにきび跡の治し方はその人の肌質や体質によるところが多いでしょう。治し方が簡単な場合も、簡単ではない場合もあるので、まず、自分の肌質を知ることが必要です。にきびはつぶすとにきび跡が残る、とよく言われますが、必ずしもそうとはいえません。つぶしてもうまく芯を出すことができれば、きれいな治し方ができるのです。また、にきびはその症状がどこまで進むかによって治し方が簡単な場合と、簡単でない場合、にきび跡が残る場合があります。軽いにきびで終わる肌の人もいれば、一度できるとどんどん悪化してひどいにきびになる肌に人もいます。どちらかというと肌質のやわらかい方が治し方は簡単で、にきび跡も残らない場合が多いようです。にきび跡が残りやすい肌質の人は、にきび跡を残さないためにも早期の治療を心がけましょう。


ページのトップへ ▲

にきび跡の種類によっては治し方は簡単?

にきび跡の治し方はにきび跡の種類によっても簡単である場合と簡単でない場合があります。にきびがほぼ治っているのに赤みだけが残っている場合はビタミンC誘導体の化粧品やイオン導入などによる治し方があります。炎症を起こしたあとの赤みが色素沈着を起こし、しみになるにきび跡があります。このにきび跡の治し方は美白効果の化粧品やピーリングにより治し方があります。どちらも日焼けをすると治しにくくなりますので、紫外線対策をしっかりしましょう。にきび跡が凸凹になってしまった場合、治し方は簡単ではありません。にきび跡の陥没はお肌が再生するための細胞分裂を行う細胞が壊れてしまい、新しい皮膚が作れなくなってしまっている状態です。このようなにきび跡の治し方としては、専門医によるピーリングなどで改善が見られる場合もあるので、あきらめずにケアをしていきましょう。


ページのトップへ ▲

にきびの正しい治し方

にきびに薬を塗っても、治る速さは変わらないといわれます。にきびの原因であるアクネ菌は毛穴の奥、空気も入らない奥にあるものでそこまで薬を浸透させる治し方は、簡単ではありません。にきびの治し方を考えるより、にきびを作らないことを考えましょう。にきびができる原因は体内のバランスが崩れているからです。自分の生活を振り返り、バランスのとれた食事をし、正しいスキンケアをすることがにきびの正しい治し方であるといえるのではないでしょうか。ホルモンバランスや免疫力をアップさせ、にきびをtsくらないようにすれば、にきびはなくなっていくでしょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク