にきびの予防と洗顔対策

にきびの予防と洗顔対策

スポンサードリンク

.

にきびの予防のための正しい洗顔対策

にきびの予防に大切な洗顔対策。過剰に分泌された皮脂や汚れ、角質などを取り除くことがにきびの予防になります。しかし、お肌に合わない洗顔料を使っていたり、洗顔方法が間違っていては、にきびの予防としての洗顔対策になるどころか、かえってにきびを重症にしてしまうことも。にきびの予防になるからといって、1日に何回も洗顔したり、汚れが落ちるからといってお肌に合わない洗顔料を使っていませんか?洗いすぎはお肌が乾燥して、角質が硬く厚くなり、余計に毛穴を詰まらせてしまうことになります。にきびの予防のためと思ってしている洗顔対策のつもりが、逆ににきびの原因をつくることになるのです。もう一度自分の洗顔対策方法を振り返り、にきびの予防のための正しい洗顔方法をしっかり身に付けましょう。


ページのトップへ ▲

にきびの予防のための洗顔対策:洗顔料選び

にきびの予防として正しい洗顔対策の方法を学びましょう。まず、お肌を清潔にしておくためにも、メイクはしかり落とすことが大切。しかし、油分の多いクレンジング剤は油分の多くなっているにきび肌にはあまり好ましくないもの。油分の多すぎない、少なすぎないクレンジング剤を選びましょう。お肌への刺激が少ない洗い流すタイプがお勧めです。にきびの予防の洗顔対策として適している洗顔料は、刺激の少ないものです。スクラブ洗顔料や消炎剤などのお肌に刺激を与える洗顔料は避けましょう。さっぱりタイプの洗顔石鹸などがお勧めです。トラブルを起こしている肌には弱酸性の洗顔料もいいですね。やわらかい泡が気持ちよく、優しくお肌を洗い上げてくれます。


ページのトップへ ▲

にきびの予防のための洗顔対策:洗顔方法

汚れをしっかり落とさなくては、とゴシゴシこすってはお肌を痛め、にきびも重症になってしまいかねません。正しい洗顔方法を学びましょう。にきびの予防のための洗顔対策としてまずは、髪が顔にかからないように顔をしっかり出すこと。生え際の洗い残しは毛穴をふさぐ汚れにつながります。人肌ぐらいのぬるま湯で毛穴を開き、汚れを落としやすくします。洗顔料はよく泡立てて。泡がきめ細かいほど肌のすみずみまで洗い流すことができます。お肌の中心から外に向けて円を描くように優しく洗います。力を入れすぎず、ていねいに洗うのがポイント。ぬるま湯でお肌をこすらないように、しっかり洗い流し、清潔なタオルでお肌をおさえるように水分をふき取ります。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク