お尻(おしり)のにきび

お尻(おしり)のにきび

スポンサードリンク

.

お尻(おしり)にきびとは

お尻にきびとは、お尻の頭頂部や尾てい骨にできるにきびです。お尻のにきびは顔や身体にできるにきびとは違いそのまま放っておくと椅子に座る際に痛みを伴うため非常に悩みでしょう。私にも経験では、お尻のにきびは、一度できると治りにくいため放置すると大きくなる一方です。にきびの芯もしっかり根付いているためある一定以上の大きさににきびが育ってしまうと皮膚科での治療でなければ対処できなくなるでしょう。かといって、お尻は脂肪の割合が多いので、簡単ににきびを潰してしまうとにきび跡(痕)になり易く一生残ってしまいますので、特に女性は注意が必要なのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

お尻(おしり)にきびの原因

お尻のにきびの原因は、顔や身体にできるにきびの原因と基本的に同じです。要するに過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まりが直接的な原因と言えます。これに加え、お尻の場合は、下着や衣服で擦れやすく、それゆえ汚れや汗、細菌類に感染しやすい環境にあることがにきびを誘発する可能性を高めます。


基本的なことですが、皮脂が過剰に分泌されるのは、毎日のストレスやホルモンバランスの乱れ、特に男性ホルモンの分泌と強い関係があると言われています。もちろん、生活習慣、食生活の乱れもにきびの原因となります。ホルモンの操作は非常に難しいため生活習慣を改めて見直し、焦ることなくにきび治療に取り組むことが大切です。


ページのトップへ ▲

お尻(おしり)にきびの治療

お尻にきびの治療法は、顔や体の治療法と大きくは変りません。皮脂の分泌を抑制し、毛穴とその周辺を常に清潔に保つことが治療のポイントとなります。具体的にどうすれば治療できるのか?次に解説しましょう。


▼お尻にきびの治療法


1.皮脂の分泌を抑制する
お尻にきびの最大の原因が皮脂の過剰分泌です。お尻は以外に汚れが溜まり易いため皮脂と混ざり合って硬い角栓になってしまうのです。皮脂分泌を抑制するには、ホルモンバランスの安定がカギでしょう。特に男性ホルモンの分泌抑制を目的に行うのですが、睡眠を充分にとり、糖分・脂分の少ない食事を摂取する必要があります。会社などでのストレスもホルモンバランスと強く関わっていますのでストレスをうまくコントロールするよう心がけたいものです。


2.生活改善・食生活改善を行う
睡眠を充分にとり、規則正しい生活リズムに改善したり、栄養バランスの取れた食生活にするということは、皮脂分泌の抑制と肌ターンオーバーの正常化という効果を齎します。特に肌ターンオーバーが整うということは、古い角質が剥離しやすい環境とつくるということで、毛穴を詰まりにくくさせる効果があるのです。


3.お尻毛穴と周辺を清潔にする
毛穴の詰まりは、毛穴の入口付近に滞留する汚れや細菌、古い角質等と皮脂とが混ざり合う事で生じます。マメに手入れすることが以外に難しいお尻ですが、普段から気にとめ、汗をかきすぎた時などには下着を着替えるなどの工夫も必要となるでしょう。


ページのトップへ ▲

お尻(おしり)にきびの予防と対策

お尻にきびは、一度発症すると以外に治りにくい傾向にあります。実際に私も苦い経験をしましたので、この事に関しては否定しません。しかもお尻は脂肪が多いので、にきびが悪化しにきび跡やにきび痕が出来てしまうと非常に目立ってしまうと言うのが悩ましい部分でもあるのです。にきびが出来る前に予防しておく!これに尽きるでしょう。


お尻にきびを予防するには、生活リズムと食生活を整えホルモンバランスを整える必要がります。そして常にお尻の肌(皮膚)と毛穴周りを清潔に保つことです。これにより毛穴が詰まりにくくなり、皮脂の分泌も抑制されます。汗をかきやすい夏場などは、下着を着替えがてらシャワーを浴びるなどの工夫も必要になります。


ページのトップへ ▲

お尻(おしり)もにきび跡になるの?

もちろんお尻もにきび跡(痕)が出来ます。お尻にきびは、顔や身体のにきびに比べ、椅子に座ることによる刺激の繰り返しにより、にきびも刺激され続け大きくなりやすく治りにくい特徴をもっています。それだけに、にきびの発見は早いのですが、そのまま放置していれば育つ一方なのです。特にお尻ににきび跡(痕)ができてしまうと、もともと脂肪分が多く柔らかいため顔や身体に比べ目立ちやすいとも言えます。男性ならまだ良いのですが、女性にとっては大きな悩みの一つでしょう。もしにきび跡(痕)になってしまったなら、コラーゲン注入等の高度にきび治療が必要になります。そうならないためにも、初期治療を心がけたいものですね。


ページのトップへ ▲

お尻(おしり)のターンオーバーを整えるために

お尻の皮膚のターンオーバーが乱れると、毛穴に古い角質や汚れが溜まりやすくなり、詰まり易い環境をつくってしまいます。普段ケアするには、分かりづらい場所ですが、せめて入浴時にしっかり洗浄し汚れを残さない習慣が必要となります。そこでおすすめなのが、ピーリング石鹸なるものです。その名のとおりピーリング効果のある石鹸です。今では、ピーリング成分であるグリコール酸(フルーツ酸)配合のピーリング石鹸が市販されていますので、一度試してみるのも良いでしょう。ピーリングが可能な酸は、他にもクエン酸、リンゴ酸、酒石酸、乳酸などがありますが、このグリコール酸が最も粒子が細かく肌への浸透力が秀でているのです。お尻の肌代謝を高めにきび予防を心がけましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク