大人にきびの治療

大人にきびの治療

スポンサードリンク

.

大人にきびとは

大人にきびとは、10代の思春期にできるにきびに対して20代以降にできるにきびの総称としてこう呼びます。皮脂分泌の多い思春期には主に額や鼻などのTゾーンににきびが多いのに対し、大人にきびは顎(あご)やフェイスライン、首筋にできる傾向にあります。


大人にきびは、社会に出た後のストレスやホルモンバランスの崩れが原因と考えられており、事実就職後の発生率が上昇しているというデータもあります。思春期にできるにきびより、大人のにきびのほうが治りにくく、にきび跡(痕)になりやすい傾向にありますので注意が必要です。


ページのトップへ ▲

大人にきびの原因

大人にきびの原因

大人にきびの原因は、主に社会から受けるストレスとホルモンバランスの崩れと言われます。それによって肌ターンオーバーの乱れた状況で、皮脂の分泌が過剰になり毛穴を詰まらせにきびを生成するのです。もちろん、極端なダイエットなどによる偏った食生活や睡眠不足、加齢による肌のターンオーバーの乱れなどもにきびの原因となります。


さらに、紫外線等の外的刺激を長時間受けたり、エアコンの長時間使用による肌の乾燥は、毛穴まわりの皮膚を角化(硬直)させ毛穴を詰まらせる原因となりますので環境のコントロールにも注意を払う必要があります。また、便秘気味の方や生理前後のにきび発症がひどく、毛深くなったと実感される女性は卵巣が異常を示している可能性も高く、にきびを増殖させる前触れでもありますから注意が必要です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

大人にきびはどこにできる?

10代の思春期にきびが皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンに多発するのに比べ、大人にきびは、顎(あご)やフェイスライン、首筋にできる特徴があります。フェイスラインにできるにきびは、男性の髭(ひげ)が生える位置とも一致しており、にきびがいかに男性ホルモンと強く関係しているかを表しています。大人にきびに悩まされる女性の血液を検査すると男性ホルモン値が高くなっていることも分かっています。


また顎(あご)やフェイスラインなどに出来た大人にきびは治りにくく、にきび跡(痕)になりやすい傾向にありますので初期治療が重要となります。


ページのトップへ ▲

大人にきびの予防と対策

大人にきびの予防は、適切なストレスコントロールと食生活の改善、正しい洗顔がポイントです。大人にきびは、社会から受けるストレス等によるホルモンバランスの崩れが原因となり過剰な皮脂分泌を誘発しにきびの出来やすい肌質へと変化している点が問題となっているのです。


したがって、皮脂を過剰に分泌させないよう適度な運動などでストレスコントロールを心がけ、食生活も糖分や脂分を少なめに摂取するなどの対策が必要となります。さらに、にきびになりやすい毛穴というのは、肌のターンオーバーの乱れから古い角質が残りやすくなっていたり、紫外線等による外的刺激から肌(皮膚)が角化していますので、肌が柔軟性を保て、いつも新鮮で清潔な環境をつくるように毎日の洗顔で予防していくことが望ましいと言えます。


ページのトップへ ▲

大人にきびの改善法

大人にきびを改善するには、まず大人にきびが出来る原因を理解しそれらをひとつづつ克服していくことが重要です。大人にきびには、まずストレスとホルモンバランスの崩れが大きく影響していると言われますので、適切なストレスコントロールと生活改善によるホルモンバランスの正常化を図るべきです。


女性は、生理前後のホルモンバランスの崩れからにきびが多発することも多いようです。症状が特にひどいようであれば、黄体ホルモン優位の黄体期に、にきび薬を使用すると効果的と言えます。また睡眠を十分にとることも重要です。生活リズムを整え免疫力も向上させましょう。大人にきびはにきび跡(痕)になりやすい傾向にありますので初期治療を心がけたいところです。


ページのトップへ ▲

大人にきびの治療

大人にきびを治療するには、大人にきびの発症原因をひとつひとつ改善していくことにつきます。


▼大人にきびの治療法


1.ストレスコントロール
社会に身をおく現代人にとってストレスを全く受けない生活など不可能です。毎日のストレスをうまく解消するストレスコントロールを身につけにきびの出来にくい体質改善を行いましょう。


2.ホルモンバランスを整える
にきびには男性ホルモンが強く影響していますので睡眠不足に注意し、女性の場合は生理前後の体調管理に気を配る必要があります。


3.乱れた食生活を正す
脂分や糖分の過剰摂取は避けましょう。毛穴のつまりは過剰な皮脂分泌が原因です。


4.生活習慣を見直す
肌のターンオーバーを正常化させるために規則正しい生活を心がけましょう。特に睡眠不足はにきびを増殖させる原因です。


5.生活環境を改善する
紫外線の影響やエアコンの長時間仕様による肌の乾燥は皮膚の角化を招き、毛穴の詰まりを誘発します。


6.生理前後のにきびケア(女性)
女性は、生理前後のホルモンケアに注意しましょう。女性卵巣からは男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモンが分泌されていますのでそれらが活発に働きすぎると過剰な皮脂分泌につながります。


ページのトップへ ▲

大人にきびの皮膚科治療

大人にきびは、思春期にきびに比べ治りにくく、にきび跡(痕)になりやすいため初期治療が特に重要です。毎日の洗顔だけでは、治るスピードに増して悪化のスピードが上回る場合は、皮膚科等での専門治療が必要なケースもあります。


大人にきびも通常のにきび同様、ケミカルピーリング治療、イオン導入治療、レーザーフェイシャル治療、IPL治療、フォトRF治療、圧出治療などが効果的と言えます。どれも肌のターンオーバーを正常化し、皮脂分泌を抑制するため、にきび治療に有効なのです。


ページのトップへ ▲

肌あれと大人にきび

肌あれと大人にきびを混同する方が時々いらっしゃいますが、根本的に違いますので注意してください。肌あれは主に肌の乾燥等による皮膚表皮の湿疹や敏感肌等を刺すのに対し、大人にきびは通常のにきび同様毛穴内の炎症等の症状を指します。


もちろん治療法も違いますが、肌本来の保湿力を向上させたり、余分な皮脂分泌を抑制することで肌の健康状態を維持することについては共通目的としているので治療法の多くに共通点もあります。肌荒れにしても大人にきびにしても治療しないでいると悪化し2次障害を誘発しますので初期治療が望まれます。


ページのトップへ ▲

大人にきびとホルモン分泌

大人にきびは男性モルモン(アンドロゲン)が強く影響しています。男性ホルモンが強く作用することで皮脂の分泌が促進され毛穴の詰まりを誘発し大人にきびをつくりやすい環境へと変化させていくのです。女性も例外ではありません。女性には男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモンがあり、その黄体ホルモン優位となる黄体期(生理の2週間前の排卵日から生理の直前まで)には特に皮脂の分泌が促進されやすく、にきびが多発します。なんとあごに出来る大人にきびの箇所は、男性の顎ひげの位置とほぼ一致するという検査結果もあり、大人にきびが如何に男性ホルモンと関係が強いかを表しています。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク