にきびのピーリング治療

にきびのピーリング治療

スポンサードリンク

.

にきびのピーリング治療って何

にきびのピーリング治療とは、フルーツ酸(AHA)を直接皮膚に塗布することにより毛穴の詰まりを誘発する古い角質の除去を促進することで肌のターンオーバーを正常化させる治療法です。にきびは毛穴を詰まらせる皮脂と紫外線等の外的刺激により毛穴入口付近の皮膚が角化することが主な要因です。ピーリングはそれらにきびの出来やすい毛穴と毛穴周辺の環境を保つためには最適な治療法と言えます。


ピーリング治療は正式にはケミカルピーリングと言われており、もちろん毛穴ケアのみならず美肌、美白など美容効果の高い肌ケア治療として有名です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

ピーリング治療の効果

にきびのピーリング治療

ピーリング治療は、ターンオーバーの乱れにより肌から剥がれにくくなっている古い角質除去を促進し、肌の新陳代謝を正常化する効果があります。代謝力を得た肌は表皮基底層から新しい細胞が生まれ色素沈着などで目立つシミやクスミを全体的に押し上げ、ついには古い角質と共に剥がれ落ち肌本来の美しさを取り戻す効果があるのです。


フルーツ酸(AHA)配合のケミカルピーリングには殺菌効果もあり、にきびの元であるアクネ菌を死滅させ、毛穴内の炎症を沈静化します。ピーリングは、2〜4週間に1度が理想です。治療を継続するだけ美肌効果がありますので、詳細は係りつけの皮膚科等に相談しましょう。


ページのトップへ ▲

にきび跡(痕)にもピーリング治療は効果的か

ピーリング(ケミカルピーリング)は、にきび跡(痕)にも効果があります。しかし、にきび跡(痕)というのは、にきびの悪化・炎症により肌真皮層のコラーゲンやエラスチン繊維組織を破壊した結果ですので、基本的に肌再生能力を失った細胞である事を再認識しなければなりません。問題はコラーゲンの破壊です。肌はコラーゲンにより新しい細胞を生みターンオーバーを促進します。このコラーゲンの機能が死滅してるということは肌自ら自然と再生する能力を失っているということと同じことなのです。


ピーリングにより肌表面に残っている古い角質を剥ぎ落とし、皮膚の角化を柔らげますので、にきび跡(痕)と肌表面との段差が少し解消し、クレーター状のにきび跡(痕)を目立たなくする効果があるのです。


ページのトップへ ▲

背中のピーリング治療

顔のピーリング治療同様、背中のピーリング治療は効果的です。背中のにきびも基本的には皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりと、シャンプー等の洗い残しによる最近の繁殖が原因ですので、肌代謝力を高め、新鮮な肌を促進するケミカルピーリングは最適と言えます。


特に背中の場合は、見えにくい場所を中心ににきびを形成したりしますので、専門家に治療を任せるか、ピーリング治療による専門治療を受けたほうが手っ取り早く満足度が高いと言えます。自分の状況に合わせ最適な方法を選択しましょう。


ページのトップへ ▲

ピーリング石鹸でにきび治療

ピーリング石鹸が人気です。商品名から想像できるように石鹸による毎日の洗顔がピーリング治療の役目を果たし古い角質を剥ぎ落とすなど正常なターンオーバーを取り戻す効果があります。


アイアイメディカル株式会社が販売しているピーリング石鹸(アイナソープ400)は、美容雑誌「bea’s up」(ビーズアップ2006年8月号)にも掲載されるほどの優れものなのです。


ページのトップへ ▲

ピーリング石鹸の効果

ピーリング石鹸の効果は以下のとおり。にきび治療に効果があるだけでなくシミやシワ等の美肌効果に有効である事も分かっています。


▼ピーリング石鹸の効果


  • シミ、くすみ改善で美白効果
  • 化粧のノリ向上
  • 毛穴の開きを改善
  • 乾燥肌、敏感肌の改善
  • 化粧水等の浸透度アップ
  • たるみを改善しはりを取り戻す
  • キメを整える

ページのトップへ ▲

AHAとグリコール酸

ピーリング石鹸の肌代謝力を高めにきび治療に効果を齎すのがAHA成分(アルファヒドロキシ酸)です。AHAはフルーツやサトウキビ、青葡萄、発酵乳、年代物ワイン等に含まれる全くの自然物から抽出される有機物で、特に果実類に多く含まれている為、フルーツ酸とも呼ばれています。


AHA には、グリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・乳酸などがあり、その中でもグリコール酸は多くの利点を持ち、その最大の利点は、「にきび」の改善にあります。


グリコール酸は、AHAの中で最も単純な構造、分子量の小ささゆえ浸透性においては際だっており優れた剥離を可能にします。また、肌タイプを選ばないことが非常に魅力です。脂性肌やにきび肌、乾燥肌、加齢肌、色素沈着肌それぞれに対応します。


ページのトップへ ▲

ピーリング治療の危険性

ピーリング治療(ケミカルピーリング)は果たして安全なのだろうか?誰もが思う疑問です。ピーリング治療(ケミカルピーリング)は1990年頃に日本に伝わりようやく注目されるようになった治療ですので情報量が少ないという現状があります。


ピーリング治療(ケミカルピーリング)は安全か危険か。ひとくくりには出来ません。なぜならピーリング治療(ケミカルピーリング)の薬剤濃度や治療時に使用する時間量、反対に施術される方の体調や肌の状態によっても効果と治療後の患部の状況が違うからです。


ピーリング治療はにきびの原因である古い角質剥離を促進し肌の角化を解消するのでにきびケアには効果的と言えるのですが、悪化が著しい炎症したにきび肌の状態では逆効果になる場合もあります。また、にきびのほか乾燥肌など極度の肌荒れがまだ治癒していない場合はケミカルピーリングを避けるようにしましょう。にきびや乾燥肌と古い角質とは深い関係がありますが、土台である肌(皮膚)がしっかりしていなければケミカルピーリングも逆効果となるからです。


ページのトップへ ▲

ピーリング治療の注意点

ピーリング治療(ケミカルピーリング)によって剥がれ落ちる古い角質の深さと量は、ピーリング剤の濃度とph値、量(治療時間)によって違いますので注意が必要です。


特に日本人の肌は深層までケミカルピーリングした場合、治療患部が赤くなり治療前より黒ずんでしまったなんて報告もあるくらいです。ピーリング治療(ケミカルピーリング)はエステサロンではなく、専門に取り扱う皮膚科で受診するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

ピーリング石鹸はお得?

ピーリング治療と皮膚科やエステサロンで行うピーリング治療(ケミカルピーリング)とではどちらが得かという比較は単純にはできません。


一般的には、美容外科やエステサロンで行うピーリング治療は約23万円/回、皮膚科等で行うピーリング治療は1万5千円/回程度と言われます。治療はだいたい6〜10回ほど繰り返しますので単純に計算しても数十万から100万を超える場合があります。


それに比べピーリング石鹸は1コ約2,000円程度ですし、1コを通常の使い方をすれば1ヶ月から場合によっては3ヶ月ほど持ちます。毎日の洗顔用の石鹸をピーリング石鹸に交換するだけの手軽さが最大の売りですので状況に合わせ選択するようにしましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク