レーザー以外のにきび治療

レーザー以外のにきび治療

スポンサードリンク

.

フォトセラピーでにきび治療

フォトセラピー治療

フォトセラピーとは、レーザー治療ではないフラッシュランプ装置を使った光治療です。光は強いのですが、レーザー光よりも弱いエネルギーのため施術中テープを貼る必要もありません。フォトセラピーは、にきび跡やにきび痕の赤みなどに効果的で、脂性肌の改善や肌の新陳代謝を高め顔全体の若返りにも有効です。また、しみ、そばかす、シワ、毛穴の開き、浮き出た毛細血管を改善する美肌効果も期待できます。


治療ペースは、三週間に一度、それを5回繰り返すイメージです。その後2ヶ月に一度のペースで治療を継続する事でアンチエイジング(老化防止)効果が望めます。施術後、治療箇所が赤みを帯びたり、細かいかさぶたが生成されることがありますが、一時的なものですので特に気にする必要はありません。フォトセラピー治療を受ける場合、日焼けしている方はご注意ください。フォトセラピーは、メラニン色素に作用しますので火傷の可能性があるのです。施術後は、すぐに洗顔とお化粧が可能ですので気軽に受けられます。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

PDTでにきび治療

PDT(フォトダイナミック)治療とは、光に反応しやすくする特殊な薬(アミノレブリン酸)を塗布し、効率よく光の効果を得る治療法です。このPDT治療により、にきびの原因であるアクネ菌(アクネ桿菌)を減らし、皮脂分泌を抑制することで、にきびの出来にくい肌質に改善していきます。


PDT治療は、肌にアミノレブリン酸を塗布し1時間程度良く浸透させた後、約20分クリアライトという光を照射します。極度の日焼けをしている方は、火傷の原因になるのでPDT治療を受けないようにしましょう。治療後24時間以内も強い日差しを受けることは避ける必要があります。多少の赤みやかさぶたが生成される可能性もありますが一時的なものですので特に気にする必要はありません。一度のPDT治療でにきびはかなり改善しますが、症状によっては2回目以降の治療を行う事もあります。


ページのトップへ ▲

IPL治療でにきび治療

IPL治療はまるでカメラのフラッシュ程度のやさしい光で、お肌にダメージを与えることなく肌トラブルの原因となっているターゲット(メラニンや毛細血管など)だけに直接作用する治療です。光というとレーザーをイメージしますが、メラニン等の黒色素に反応する光波長と毛細血管等の赤色素に反応する光波長に分類されるレーザー光とは違い、IPLはそれひとつでどちらのターゲットにも働きかけることがメリットと言えます。


IPL治療は、にきび、にきび跡(痕)のみならず、しみ・そばかす・毛穴の開き・赤ら顔・毛細血管の拡張など、あらゆるお肌のトラブル解消に効果を発揮します。しかし、極度の日焼けをしている方、光(日光)アレルギーの方、妊娠中の方などはIPL治療は避けるようにしましょう。施術後は、赤みやかさぶたが生成される場合もありますが一時的なものですので特に気にする必要もありません。


ページのトップへ ▲

フォトフェイシャルでにきび治療

フォトフェイシャルとは、お肌のシミ、しわ、くすみ、そばかす、毛細血管拡張などの肌トラブルを光の照射によって解消する美容医学界最先端のスキンケア治療法です。IPLというカメラのフラッシュ程度の優しい光を照射するIPL治療がありますが、同義語です。


従ってフォトフェイシャルも、にきび、にきび跡(痕)のみならず、しみ・そばかす・毛穴の開き・赤ら顔・毛細血管の拡張など、あらゆるお肌のトラブル解消に効果を発揮します。極度の日焼けをしている方、光(日光)アレルギーの方、妊娠中の方などはIPL治療は避けるようにしましょう。施術後は、赤みやかさぶたが生成される場合もありますが一時的なものですので特に気にする必要もありません。


ページのトップへ ▲

イオン導入でにきび治療

イオン導入とは、肌に必要な成分を肌(皮膚)の奥底(真皮層)まで届けるスキンケアです。肌のはりを維持しシワやたるみを予防する肌に必要な成分イオン(ビタミンC誘導体など)が水に溶けるとマイナスの電極を持つようになる特徴を利用し、施術箇所にマイナスの微弱電流を流す事によるマイナス同士の電力の反発により肌の必要成分が肌のバリアゾーンを突き抜け、真皮層まで浸透させます。


イオン導入を行う事で肌の新陳代謝向上とコラーゲンの生成、肌のたるみ予防と改善に効果が現れ、基底層に蓄積するメラニンを分解・排出しシミや美白効果を引き出します。さらには過剰な皮脂の分泌をおさえ、肌を清潔に保ち、毛穴ケアとにきび治療にも効果があるのです。


イオン導入のメリットは、注射器を使用せず体内に薬物を投与できることであり、痛み等を伴わず患者への負担が軽減できます。微弱電流を使用するとはいえ肌にとっては異物に違い在りませんので皮膚科専門医等の指導のもとで治療するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

トレチノイン療法でにきび治療

トレチノイン治療とは、ビタミンA誘導体であるトレチノイン(オールトランスレチノイン酸、レチノイン酸)という塗り薬をお肌に塗布することで、肌のターンオーバーを促進し美肌効果、若返り・アンチエイジング(老化防止)効果のあるスキンケアです。


主に、肌のピーリング・ターンオーバー促進効果、皮脂の分泌の抑制効果、若返り・アンチエイジング(老化防止)効果があり、にきび治療にとってはピーリングによるターンオーバーの市場化と皮脂分泌抑制による毛穴の環境づくりが非常に有効と言えます。注意点としては、しっかり保湿を行う事、治療中の日焼けに注意すること、妊娠中の方はトレチノイン治療を受けない事などが挙げられます。トレチノイン治療は実はアメリカではにきびの第一外用薬とされているのに対し、日本ではまだ医薬品として認められていないのが現状です。


ページのトップへ ▲

圧出でにきび治療

圧出とは、にきびの頂点にレーザーでひとつひとつ穴を明け、にきびの芯であるコメドを押し出す治療法です。一般的に、にきびに穴をあけると良くないと言われていますが、この圧出はケミカルピーリング後に施術することがほとんどで、ケミカルピーリング後であれば肌(皮膚)もあたためられ柔らかい為、レーザーがにきびの芯に効果的に働きます。よって圧出によって押し出したにきび跡の後遺症はほとんどなく、治療を受けた患者からは非常に満足の高い治療法と言えます。


にきびの自然治癒を待っていたら数ヶ月以上かかるところが圧出を行えばものの数週間で完治してしまいます。特に出来て間もないにきびでは圧出後、2〜3週間程度かさぶたになるケースもありますが、直ぐに剥がれ落ちにきびの無い綺麗な肌を取り戻せます。


ページのトップへ ▲

RF治療(サーマクール)でにきび治療

RF治療は、従来のレーザー治療や光治療(IPL治療)に比べお肌の奥深く(真皮)部分にまでRF(高周波熱エネルギー)が到達することで表皮のしみやくすみ、毛細血管の拡張等による赤ら顔改善にとどまらず、コラーゲンの再生、エラスチン繊維の生成を促進することではりと弾力性のある瑞々しいお肌を取り戻します。光短周波APL(アドバンスト・パルス・ライト)とRF(高周波)の良い部分だけを生かしたアンチエイジング(老化防止)効果という点でも注目される最新美容治療なのです。


RF治療には美肌・美白・若返り・アンチエイジング(老化防止)の効果があります。具体的には、お肌の表面に沈着するメラニン色素(しみ、くすみ、そばかす)や毛細血管拡大の影響による赤ら顔を短周波光のフォト(APL:アドバンスト・パルス・ライト)とそれを補完する形で高周波RFで解消・改善します。さらに高周波RFが短周波光のAPLでは届かないお肌の奥底(真皮)のコラーゲンやエラスチン繊維の生成を促進し肌(皮膚)のシワやたるみを解消し毛穴の開きも改善します。皮脂の分泌も正常化されるのでにきびの発生を防止し、にきび跡(にきび痕)の改善に効果があるのです。


ページのトップへ ▲

ビタミンC誘導体でにきび治療

ビタミンC誘導体治療とは、肌のはりを維持しシワやたるみを予防(抗酸化作用)する肌に必要な成分イオンビタミンC誘導体を直接肌に塗布することで行う治療です。


ビタミンC誘導体にはしみ、そなかす、くすみ等を解消する美白効果のほか、皮脂分泌の抑制効果もあるためにきび治療に効果的なのです。にきびの炎症は皮脂が原因のひとつとなっていますのでビタミンC誘導体治療で赤にきびも沈静化できます。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク