背中のにきびケア

背中のにきびケア

スポンサードリンク

.

背中のにきびの原因

背中のにきびは自分では確認することができず、にきび治療やにきびケアも思うようにできず、にきびが悪化してしまうケースが多いようです。早期治療も難しいため、にきび跡もできやすいのが背中のにきび。特に薄着になる夏などは思うようなおしゃれができず、落ち込んでしまいますね。


背中には皮脂腺が多く、毛穴が詰まりやすいというのが背中のにきびの原因の一つ。また、汗をかいてもそのまま放置してしまうことも多いのではないでしょうか。それらが背中のにきびの原因になります。そんな背中のにきびにもケアの方法はあります。背中のにきびケアの正しい方法を学び、しっかり実践していくことで背中のにきびもよくなっていきます。あきらめずに、背中のにきびケアをしていきましょう。


ページのトップへ ▲

背中のにきびケアは清潔にすること

背中のにきびケアで大切なことは、背中を清潔にすることです。当たり前のことですが、背中は思った以上に汗をかいています。皮脂腺も多く、お風呂に入ってきれいに洗わないとそれが原因で背中のにきびができてしまうのです。洗う時の注意は、ごしごしこすらないこと。強くこすってもにきびの原因となるアクネ菌は落とすことはできません。かえってお肌に余計な負担をかけ、肌荒れを起こすことになります。


洗う時に使用する素材はナイロンは避け、綿のタオルでできればボディソープよりも刺激の少ない石鹸で、優しく洗いましょう。また、シャンプーやリンスの洗い残しはにきびの原因になります。きれいに洗い流すことが背中のにきびケアには必要なことです。


ページのトップへ ▲

衣類で背中のにきびケア

背中や胸のにきびは汗と衣類の刺激によって悪化するといわれています。普段身に付ける衣類に気を配ることも背中のにきびケアとして大切です。お肌にちくちくと刺激があるようなニットよりも、木綿などのように吸湿性のよいものを選ぶことがにきびケアには必要。


また、締め付けの強いブラジャーなども汗がたまりやすく、背中のにきびを悪化させる原因となります。背中に圧力がかかるような服装は避けましょう。汗をかきやすい季節はシャワーをこまめに浴びて、汗をかいたらこまめにふきとること。これが背中のにきびケアにおいて大切なことです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク