にきび(にきび跡)対策のコツは?

にきび(にきび跡)対策のコツは?

スポンサードリンク

.

にきびをきれいにつぶすコツ

にきびをつぶすとにきび跡が残る、とよく言われますが、つぶし方のコツさえ分かればにきび跡にならずにきれいに治ることがあります。にきびをきれいにつぶすコツは、にきびのでき始めに芯だけを押し出すのですが、爪などで押し出すとばい菌が入りやすいので、コメドプッシャーという専用の器具を使用するのがコツです。器具がない場合の対策は、めん棒を使うこと。お風呂上りなどのお肌がやわらかい状態の時に、めん棒を2本使ってやさしく押し出してみてください。しかし、無理に押し出すのはかえってにきびを悪化させてしまうこともあるので注意を。コメドプッシャーはにきびの大きさに合わせて使いわけできるものなどいろいろあるので自分に合ったものを選んで、にきび跡対策をしましょう。


ページのトップへ ▲

にきび(にきび跡)対策に睡眠

にきびやにきび跡対策において睡眠はとても大切なことです。私たちが起きている時は、血液のほとんどが脳に集中するのでお肌に栄養は届きません。私たちが寝ていると時にお肌は再生するのです。かといってやたらと睡眠時間を増やせばいいわけでなないのです。にきび対策には睡眠のコツがあります。まず、成長ホルモンが分泌されるのが睡眠のはじめの3時間。それにより細胞分裂が起こります。最低で6時間くらいかかるので、睡眠は6時間は必ずとることがにきび対策のコツです。また、寝る時間が一定でないと体内時計が狂います。ホルモンは体内時計の影響を受けやすいもの。できれば決まった時間に就寝するのもにきび対策のコツです。


ページのトップへ ▲

紫外線をカットしにきび(にきび跡)対策

にきびやにきび跡にとって日焼けはとても悪いもの。紫外線対策をしっかりして、にきびやにきび跡に刺激を与えないようにすることも、対策のコツです。どのようなタイプの日焼け止めがにきび対策にいいのかを知るのも対策のコツ。にきびやにきび跡にとっては刺激の少ない日焼け止めを使いましょう。ノンケミカルタイプのものなどは、紫外線吸収剤を含まない、低刺激のものです。さらに、紫外線のことをよく知ることもにきび対策のコツです。例えば、曇っていても紫外線はお肌にダメージを与えるもの、また、部屋の中にいたとしても紫外線A波はガラスを通過します。日陰にいても紫外線はまっすぐに当たるだけとは限りません。にきびを増やさない対策、にきび跡を悪化させない対策のために、紫外線対策をしっかりすることがコツです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク